失った歯を補う補綴(ほてつ)治療~インプラント・入れ歯・ブリッジ~

虫歯歯周病、事故などで歯を失ってしまった時、そのまま歯がない状態を放置すると、咬み合う歯が伸びてきたり、周囲の歯が空いたスペースに倒れこんできたりして、歯列の乱れにつながってしまいます。歯の喪失による歯列の乱れは、お口の崩壊にもつながる問題。そのため、たとえ1本でもできるだけ早く歯の機能を補う必要があるのです。

歯を失ってしまった時の治療法

歯を失ってしまった時に行う、歯の機能を補う治療のことを補綴(ほてつ)治療といいます。一般的には、インプラント・入れ歯・ブリッジという3種類の方法から、患者さんのご要望やお口の状況に応じたものをお選びいただくことになります。

取手市の医療モール「取手iセンター」3階にある歯医者「ワンズ歯科クリニック」では、いずれの補綴治療にも対応しており、患者さんにとって最善の治療をご提案いたします。

インプラント・入れ歯・ブリッジの特徴と違い

近年注目を集めるインプラントですが、すべてにおいて優れているわけではありません。また、入れ歯とブリッジにもそれぞれメリット・デメリットがあります。患者さんのライフスタイルに合った最適な治療法をお選びいただくためにも、それぞれの治療の特徴をよく理解しておきましょう。それが、納得の治療・安心の治療につながります。

治療法 インプラント 入れ歯 ブリッジ

歯を失った部分の顎の骨に、ボルト状の人工歯根(インプラント)を埋め込み、その上に人工歯を被せる治療法。 歯型を採って、お口に合わせた取り外し可能な人工歯を作る方法。歴史が古く、症例数も多く、もっともポピュラーな治療法。 失った歯の両隣の歯を大きく削って支柱とし、そこへ橋(ブリッジ)を架けるように人工歯を取りつける方法。



  • 天然歯と同等の力でしっかり噛める
  • 見た目が自然で、治療したことがわからない
  • きちんとメインテナンスすることで半永久的に使用できる
  • 歯型を採るだけなので身体的負担が小さい
  • できあがるまでの時間が短い(早くて1ヶ月)
  • 保険適用なら安価に作製できる
  • 自分で取り外して手入れができる
  • 支えとなる歯に固定されるため、比較的しっかり噛める
  • 保険適用されるケースがあるため、安価に短期間(1ヶ月程度)で作製可能




  • 外科手術が必要である
  • 持病によっては治療が受けられない
  • 自費診療であるため高額になる
  • 治療期間が長い(3ヶ月~1年以上の場合も)
  • 慣れるまで使いづらいことがある
  • しっかりと噛めない
  • 次第に合わなくなるのでこまめに調整が必要
  • 保険の場合、見た目に入れ歯とわかりやすい
  • 健康な歯を大きく削ることになる
  • 支えとする歯への負担が大きい
  • 対応できないケースもある

当院インプラントの特徴

All-on-4(オールオンフォー)

All-on-4はインプラントで世界的にも権威のある、Dr.PauloMalo(パウロ・マロ)により開発された治療法で、4本のインプラントをバランスよく埋入することで最少8本の歯を1日で入れることが出来ます。

1日でインプラント治療を受けることができる可能性が得られるため、他院にて骨移植が必要、インプラントは困難と診断された方などでもお気軽にご相談ください。

  • All-on-4(オールオンフォー)
  • All-on-4(オールオンフォー)
SMOP(インプラントガイドシステム)

SMOPとは、CT診断によるシミュレーションを口腔内で再現できるインプラントガイドシステムで、インプラントを埋入する際にこのシステムを使用することにより、正確な埋入が行えます。このSMOPにより、フラップレス手術(切開や抜歯の必要が無い)が可能なため、患者様の負担が大いに軽減されます。

  • SMOP(インプラントガイドシステム)
  • SMOP(インプラントガイドシステム)

治療が終わってからが勝負。長持ちさせるためのケア

お口の中の環境は、歯列や歯肉、骨格まで、実に複雑に変化をしています。ご自身では気が付きにくく変化も少なくないため、治療後は定期的にメインテナンスのためご来院いただくことをおすすめしています。

インプラントを末長く快適に使うために

インプラントはチタン製の人工物、人工歯はセラミックであるため、素材そのものが劣化したり虫歯になったりすることはありません。しかし、インプラントを支えている顎の骨や歯肉は患者さんご自身の肉体ですので、刻々と変化しているといえます。

インプラント治療後は、この治療特有の「インプラント周囲炎」という歯周病に似た病気が起こりやすくなります。メインテナンスを怠ってしまうと、せっかく入れたインプラントが脱落してしまうことも。いつまでも自分の歯のように快適にインプラントを使うためにも、当院では、定期検診と日々のデンタルケアを続けていただくようお願いしています。

入れ歯は調整しながら使うもの

入れ歯も人工物です。お口の中が変化し続けているのに、入れ歯が変わらなければ、次第に合わなくなってしまいます。合わない入れ歯は、装着時に痛みがでたり、外れやすくなったりしてしまうもの。こういったお悩みは、こまめに調整することで解決することがあります。

「入れ歯が合わなくなったから、もう使うのをやめてしまった」という方もいらっしゃいますが、歯がないままでいると、さまざまなトラブルが起こってしまいます。使っていて少しでも違和感がある場合は、ぜひ当院へお気軽にご相談ください。他院でお作りになった入れ歯の調整にも対応しております。