気になる銀歯は白く透明感のあるセラミックに

虫歯治療では、歯を削った部分に詰め物や被せ物をして補う必要があります。一般に保険診療で用いられるのは、白い歯科用プラスチック(レジン)と銀合金(銀歯)の2種類。レジンは正面から見える部分に使用され、奥歯など噛む力が強くかかる部分には銀歯が使用されます。しかし、こういった保険診療で用いられる素材は経年による劣化が大きいだけでなく、見た目の問題(レジンは変色しやすい)もあります。

銀歯を白くして自信の笑顔を取り戻す

「銀歯が見えるから口を開けて笑いたくない」「銀歯がコンプレックスで、人前でしゃべりにくい」「人から銀歯を見られているのかなと思う」

こういった歯科技工物の見た目が気になる方には、高品質なセラミックを使用する審美歯科治療がおすすめです。審美歯科というと、見た目をよくするだけと思われがちですが、そんなことはありません。もっとも重要なのは歯の機能性。歯の機能性を最大限に確保しながら、同時に保険診療素材では叶わない美しい見た目を実現させるのです。

取手市の医療モール「取手iセンター」3階にある歯医者「ワンズ歯科クリニック」では、患者さんのご要望に応じて天然歯のような美しい質感を持つセラミック素材をご提案しています。メタルフリー(金属不使用)素材なら、金属アレルギーの心配がある方にも安心してお使いいただけます。

ワンズ歯科クリニックの審美歯科メニュー

オールセラミック

すべてがセラミックでできた素材です。光の透過性が高く、透明感のある白さが特長。色調の微調整が可能であることから、患者さんの周囲の歯に合わせて自然な仕上がりが実現します。

ハイブリッドセラミック

セラミックに歯科用プラスチック(レジン)をかけあわせた、まさにハイブリッドな素材。透明感や美しさの点でオールセラミックにはやや劣りますが、粘り気がある素材なため、天然歯に近い硬さで咬み合う歯を傷つけません。

ジルコニア

高い強度を誇り、「人工ダイヤモンド」とも呼ばれるジルコニアを使用した審美素材です。オールセラミックの一種ですが、一点に荷重が集中することなく、素材の特質としてかかる力を分散させる特徴があります。もちろん金属不使用で、非常に審美性が高い素材です。

メタルボンド

強度を確保するため、金属の土台にセラミックを焼き付けたクラウン(被せ物)です。光の透過性が金属によって遮断されますが、セラミックの美しさと金属の強度を兼ね備えているため、コストパフォーマンスの高い技工物と言えます。

ラミネートベニア

前歯の表面を薄く削り、薄いセラミックの板を貼り付ける処置です。ホワイトニングなどで白くならない歯を白くしたい方におすすめの方法で、多少の前歯の不揃い(隙間がある・かけている)なら、形を調整するだけで解決できることがあります。

セレック

セレックとは、これまで人の手で行っていた技工物製作の工程を、可能な範囲でコンピュータ化し、機械につくらせるシステムのことです。高精度の詰め物・被せ物を短時間かつ低価格で製作できます。セレック専用の、純度が高く、質の良いセラミックブロックを使用するため、無駄なく美しい歯科技工物が完成します。

ダイレクトボンディング

ダイレクトボンディングは、虫歯治療で削ったへこみに、歯科用プラスチック(レジン)を直接盛りつけていく方法です。何層もレジンを重ねて研磨し、本物の歯の光沢に近い質感を再現します。

天然歯を白く輝かせたいならホワイトニング

アジア人の歯は、エナメル質の下層の象牙質が透けて見えやすいので、比較的黄色味を帯びた印象になりやすい特徴があります。また、歯は加齢や毎日の飲食・喫煙によって次第に黄ばんでいくもの。軽度の着色汚れならPMTCで汚れを落として歯を本来の白さにすることができますが、それ以上に明るい白さをご希望の方には、ホワイトニングがおすすめです。

歯の色で顔色が変わって見える?

顔の中でも白い部分といえば、「歯」ですね。黄ばんだ歯は、人に与えるお顔の印象を変えてしまいます。

白い歯 黄ばんだ歯

実際に写真で比較してみると、歯の色の人に与える印象はこんなにも違うものかと驚かれたのではないでしょうか? 白い歯は清潔感やさわやかさ、若々しさといった印象を与えるのに対し、黄ばんだ歯だと肌がくすんで見え、全体にぼんやりとした印象となります。年齢よりも老けて見えたり、疲れているように見えたりもしますね。このようなお悩みを解決するのが、ホワイトニングです。

ワンズ歯科クリニックのホワイトニングメニュー

取手市の歯医者「ワンズ歯科クリニック」では、ご自宅で取り組んでいただけるホームホワイトニングに対応しています。

ホームホワイトニング
 
概要 お口に合わせてつくったマウスピースに低濃度の薬剤を注入し、歯に一定時間装着する方法。好きな場所で好きな時間に取り組める。
メリット
  • 後戻り(再着色)が少なく、白さが持続する
  • 低濃度のためしみにくい
デメリット
  • 希望の白さになるまで根気強く続ける必要がある
  • すべて自分でしないといけないので面倒
こんな方へ 通院が面倒、自分のペースでやりたい、白さを持続させたい、といった方におすすめ。